ブチ切れたい人にお勧めな危険なアーティスト「オレンジレンジ」

・広島上がりのポルノグラフティなら大丈夫だろうと思っていたら宇宙人のような顔の6人に暴言を吐かれた
・曲開始から1秒でシャンプーのトラブルが低脳なリズムでパクられてた
・テレビ画面に違和感を感じたのでキャプ画を見てみるとクレジットが変更されていた
・HR/HM系のアーティストが襲撃され、目が覚めたらギターソロがパクられていた
・邦楽のアーティストにも突っ込んでパクった、というかパクった後から雑誌にもみ消し依頼をする
・ダブルユーが襲撃され、メンバーの一人が中絶した
・イントロからサビまでの数分間の間に吐き気に襲われた。
・CD買わなければ安全だろうと思ったら、外出先でガンガン流れていた
・メンバーの3/3がパクり経験者。しかもメンバー全員で話し合うという都市伝説から「俺達の合言葉はパクろうぜ!!」
・「有名な曲ならパクられるわけがない」といって出て行ったロコモーションが「ロコローション」にされて戻ってきた
・「Hip-Hopならパクられるわけがない」と手ぶらで出て行ったゼブラヘッドが曲調とリリックを盗まれ戻ってきた
・最近流行っているパクりは「リフ強盗」 曲のギターリフをパクりまくるから
・事務所から半径200mは吐き気にあう確率が150%。曲が一度流れてからまた流れる確率が50%の意味
・オレンジレンジにおけるパクり事件による傷心者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。

426view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:18:34 (3304d)