死にたい人にお勧めの危険な町、オネット

・寝起き上がりの坊主なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の警官に襲われた
・自宅から徒歩5分の路上でシルクハットの爺さんが頭上から降ってきた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみるとハエが転がっていた
・無口を治す本を取り扱ってる図書館が襲撃され、気がついたら借りパクされていた
・自転車で住人に突っ込んだ、というか轢けてない、なぜだ
・宿が野球帽少年にだけに襲撃され、女も「男も」全員放置プレイされた
・ハンバーガー店からゲームセンターまでの100mの間にちんぴらに襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、うっかりスリークまで行ってしまった
・住人の1/3が引きこもり。しかも鍵がかかってるドアに触れると炸裂音がするという都市伝説から「お前ら表に出ろ」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後ゴミ箱に捨てられていた
・「ホームシックで久々に帰郷すれば襲われるわけがない」と手ぶらで出て行ったネスがスターマン一味にボコボコにされて戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「ゴミ箱」 食い物でもなんでもゴミ箱に捨てるから
・オネットから半径200mはチンピラにあう確率が150%。一度襲われてフランク様に襲われる確率が50%の意味
・オネットにおける殺人事件による死亡者は1日平均8人、うち約4人がプレイヤー。
・オネットにおける環境調査は以下の通り
「犬が生意気で困る」「カラスが憎くて仕方ない」「ポーキーがバーガー屋占拠してて困る」

235view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:15:12 (2856d)