死にたい兵士にお薦めの専守防衛な国日本

・第3世代MBTの一個大隊なら大丈夫だろうと思っていたら同じような性能の20両に一糸乱れぬ行進間射撃された
・着上陸地点から徒歩1分の路上で上陸部隊がクラスター爆弾くらって倒れていた
・足元がぐにゃりとしたので橋梁を確認してみると「重量制限・50トン」
・悠々と沿岸部に接近していた揚陸艦が攻撃され、目が覚めたら大型の地対艦ミサイルが何本も突き刺さっていた
・支援戦闘機でイージス艦に突っ込んで倒れた、というか対艦ミサイルを飽和攻撃した後からさらに哨戒機が追加で対艦ミサイルの駄目押し
・空母が潜水艦に待ち伏せされ、空母も「護衛の巡洋艦も」全員レイプされた
・母港からから湾外までの10mの間に哨戒機に発見された
・在日米軍なら安全だろうと思ったら、基地の周辺が全員自衛隊だった
・国民の9/10が戦争未経験者。しかも憲法9条が日本を守るという都市伝説から「幻想が崩れた時のギャップで極右化」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った在日米軍が5分後HENTAIアニメを両腕に抱えて戻ってきて「日本が攻撃されたら俺が守る!」
・「軍事力を持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った護憲派が靴と服を盗まれ下着で戻ってきて思想転向した
・最近流行っている防衛は「MD」  投げつけられたミサイルをミサイルで精密撃墜するから
・沿岸部から半径200海里は全滅する確率が150%。一度海自に襲われてまた空自に襲われる確率が50%の意味
・日本国におけるシミュレートによる、戦争終結にまでかかる時間は3時間~1週間、うち3時間は韓国軍が相手の場合

177view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 15:21:57 (3711d)