人生捨てた人に優しい地域西成

・朝鮮学校生の8人なら大丈夫だと思ったら、山口組系武闘派の20人に襲われた
・自宅から徒歩1分の路上で住民が酔っぱらって寝込んでいた(朝8時)
・串カツがぐにゃりとしているのでよく見たら前の客、その前の客に出した3度目のお勤めだった
・ぼーっとしていた住民なんて存在しない すでに淘汰されているから
・国際的窃盗団の頭目が「盗むものがない」と移転していった
・駅前区役所が住民に頻繁に襲撃されるが、その後役人も「襲撃者も」全員仲良く立ち飲み屋で談笑
・住民の半分が893者。しかも893なら組の命令に従うという都市伝説から「残りの半分ほど危ない」
・駅前のでかいスーパーなら大丈夫だと思ったら、消費期限という概念が欠けていた
・セキュリティロックのあるマンションならば安全だろうと思ったら、管理人が泥棒の一味だった
・マンションのオーナーは当然893なので、家賃滞納すると勝手に電気水道を止める
・「そんな危険なわけがない」といって住み着いた住民が5分後辞表を会社に送りつけた
・「行かなければ襲われるわけがない」と酒場を自粛していたら店長から呼び出し電話がかかってきた
・最近流行っているマスコットは「スーパーポンポコジャガピーにしなりくん」 小学生のラクガキをそのまま採用したから
・日当を渡した翌日は職場に来ない確率が150%。翌日泥酔して大暴れして翌々日は留置所で過ごす確率が50%の意味
・西成地域における事件による死亡者は1日平均120人、うち約120人は「また西成か」と報道されない

500view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-26 (月) 02:34:10 (2943d)