・マジノ線があるから大丈夫だろうと思っていたら中立国を迂回された
・国境から約10キロのセダンで歩兵師団が頭から血を流して倒れていた
・国家体制がぐにゃりとしたので状況を確認してみるとタイに侵攻されていた
・開戦後僅か二ヶ月でドイツに降伏した、というか降伏寸前に抗戦派と和平派に分離する
・アルジェリアにいる艦船が連合軍に襲撃され、ヴィシー政権も「自由フランスも」抗議した。
・マジノ線迂回からアラスの戦いまでの11日の間に総司令官のクビが飛んだ
・男性の2/3が戦争経験者。しかも祖国に自由をもたらす英雄は独裁者という都市伝説から「英雄ほど(思想が)危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったイギリス軍が1ヵ月後ダンケルクから退却してきた
・「抵抗も持たなければ襲われるわけがない」と日和見を決め込んでいたユダヤ人がレジスタンスに襲われ略式処刑された
・フランス政権から半径1kmはドイツ軍の襲撃にあう確率が200%。一度襲われて亡命先でも襲われるという意味
・第二次大戦終了時の戦勝国主要構成国は6ヶ国、うち1ヶ国が何故かフランス

225view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:36 (2763d)