死にたい人にお薦めの危険な戦争「虎牢関の戦い」

・兵卒4人と李白1人なら大丈夫だろうと思っていたら運悪く凄い動きの触覚のある武将に襲われた
・侵入拠点から徒歩1分の路上で味方がたくさん血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると朱治が転がっていた
・無双乱舞で味方の群れに突っ込んで倒れた、というか殺した後からアイテムとかを強奪する
・味方兵士の1/3が呂布との遭遇経験者。しかも親衛隊長が肉まんを落とすという都市伝説から「強い奴ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った曹操が5分後血まみれで戻ってきた
・「横を素通りすれば襲われるわけがない」と出て行った孫堅がズタボロになって戻ってきた
・虎牢関から半径200mは呂布にあう確率が150%。倒しかけても覚醒した呂布にまた襲われる確率が50%の意味
・虎牢関の戦いにおける呂布による死亡者は1分間に平均30人、うち約20人以上が兵卒。

225view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:35 (2938d)