死にたい人にお勧めの島津家

・明の軍人37000~200000人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の7000人に襲われた
・江戸から徒歩数日の生麦で白人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると黒砂糖が転がっていた
・大名行列を横切った旅行者が襲撃され、二度と目を覚ますことはなかった。
・1000人で東軍数万人に突っ込んで倒れた、というか突撃した後から戦闘から離脱する
・長州が薩摩・会津にクーデターを起こされ、武士も「公卿も」全員追放された
・現代には関係ないだろうと思ったら、今上天皇の祖母が島津家出身だった
・薩摩藩士の1/3が示現流経験者。しかも示現流に二の太刀要らずという都市伝説から「一撃目ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって追撃した徳川家武将が血まみれで戻ってきた
・「5倍の戦力で当たれば負けるわけがない」といきんで出て行った竜造寺軍が大将を殺され壊滅状態で戻ってきた
・最近流行っている攻撃は「スイカ売り」 スイカ売りを装って敵船に侵入するから
・釣り野伏せから半径200mは伏兵にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味
・幕末における薩英戦争による死傷者は1日平均72人、うち約63人がイギリス人。

280view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:28 (2763d)