戦前回帰派にお勧めの国家、大日本帝国

・重臣上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら軍部出身の20人に国を乗っ取られた
・関東軍本部から徒歩1分の線路上で石原寛治が爆薬をセットしてラリっていた
・足元がぐらつくので調べてみると荒木貞夫が皇道派を作っていた
・あくまでも試案のハルノートを提案されたら黙ったまま奇襲攻撃、3年8ヶ月経ったら無条件降伏していた
・天皇機関説を批判した、というか宮中クーデター起こせばよかったと言う
・外交官や軍人がドイツに招待され、男も「女も」全員親独派になった
・近衛総理はまともだろうと思ったら、全閣僚の中で一番狂っていた
・海軍の大半が艦隊思想と不可分論。しかし日本軍は海軍善玉という都市伝説から「海軍ほど危ない」
・「わが国の亜細亜権益は最大限守ってあげたい」と言った総理大臣が自殺して裁判にでててこなかった
・最近流行っている思想は「白兵最強」 兵隊だけ増やして現地には食料の補給すらしないから
・叩かれてから1週間は強硬手段に出る確率が150%。強硬手段でまた叩かれて更なる強硬手段にでる確率が50%の意味
・内閣における陸軍大臣による工作は1月平均1人、うち約1人が辞職を盾に内閣を流そうとする。

260view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:27 (2937d)