死にたい人にお薦めの危険な男劉備

・蜀軍の20万人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の呉軍に焼かれた
・官庁から徒歩1分の幹で督郵が体から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると劉安の妻の骨が転がっていた
・趙雲で曹操軍に突っ込んで戻ってきた、というか取り返した後から阿斗とかを投げ捨てする
・益州が劉備に襲撃され、武官も「文官も」全員リクルートされた
・五虎大将の1/5が戦死経験者。しかも武勇が劣勢を覆すという都市伝説から「黄忠ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った劉備が5年後で勲功も上げずに戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・五虎大将における志望事件による死亡者は1代平均5人、うち約4人が病死・刑死・暗殺。

353view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:30 (2763d)