死にたい人にお勧めの危険な党ソビエト連邦共産党

・中央委員8人グループ結成くらいなら大丈夫だろうと思っていたら書記局員20人に批判された
・党大会から一ヵ月後の中央委員会で幹部が涙ながらに自己批判していた
・大会議案書が届いたのでめくってみると自分に対する除名が提案されていた
・スパイ容疑で収容所送りにされた、というか送致されてから容疑者不在の裁判が開かれたりする
・富農の自主納税により、余剰作物も「種もみも」全部徴収された
・17期中央委員の7割が粛清の犠牲者。しかも権力を持つと反抗するという言いがかりから「幹部ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって請願をした地区書記が5日後に銃殺された
・「何も言わなければ粛清されるわけがない」と話していた党員が息子に密告され粛清された
・ロシア革命に参加した古参幹部が失脚する確率が400%。政治局員解任、中央委員解任、党除名、銃殺の四段階の意味

167view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 15:09:54 (2936d)