・T-34が8輌なら大丈夫だろうと思っていたらもっと巨大なの6号戦車1輌に壊滅させられた
・スターリングラードから徒歩1分の路上で政治将校が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたので死体ををめくってみると地面いっぱいに死体が転がっていた
・人海戦術でファシストに突っ込んで倒れた、というか倒れた後から鉄砲とかを強奪される
・赤軍がスターリンに粛清され、兵士も「将軍も」すべて懲罰大隊送りにされた
・モスクワからベルリンまでの1500キロメートルの間に武装SSに襲われた。
・将校の8割が粛清経験者。しかもインテリゲンチャが反論をするをするという都市伝説から「科学者ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったJS-2が5分後血まみれで戻ってきた
・「海の上の戦艦ならば襲われるわけがない」と手ぶらで出て行ったガングートが、スツーカに撃沈された
・モスクワから半径200キロはスターリンに襲われる確率が150%。一度ラーゲリーに送られて、また懲罰大隊送りにあう確率が50%の意味
・クルスク戦における死亡者は1時間平均120人、うち約2人が政治将校。

180view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:21:32 (2763d)