サマルトリアの王子

・勇者の泉にいっているといわれて向かったらいなかった。
・ローレシアに向かっていると言われてわざわざ戻ってみたがサマルトリアに帰ったあとだった。
・サマルトリアにまた行ってみると迷子で道に迷ってるようだといわれた。
・迷子を探すのは難しい。しかも迷子は全然別の方向に向かうという都市伝説から「違う方向ほど危ない」。
・バランスがよく直接攻撃も出来ると聞いたのに武器がいつまでたってもてつのやりだった。
・「そんなわけがない」と言って次々と武器を買ったローレシアの王子が破産していた。
・呪文が使えると聞いたが後で仲間になるムーンブルグの王女のほうが圧倒的だった。
・強力な電撃で敵全員に50ポイント前後のダメージを与えるという説明書の解説を聞き、
 頑張ってレベル上げて覚えたベギラマが敵全員に20ポイント前後だった。
 おまけにムーンブルグの王女が初期に覚えるバギより弱い。
・最初に死ぬ確率が150パーセント。最初に殺されて世界中の葉で生き返らせたのにまた死ぬ確率が50パーセントの意味。

551view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-01 (日) 00:32:26 (2763d)