死にたい人にお勧めの危険なHalflife

・現軍人の100人以上なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の1人に襲われた
・こちら側から扉一枚の向こうでGマンがネクタイを締めなおしてニヤニヤしていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていたのでバールで肉塊にしておいた
・手ぶらの研究者が襲撃され、目が覚めたらゾンビだった
・エアボートでがっぽいに突っ込んで倒れた、というか轢いた後から弾薬とかを強奪する
・前線がフリーマンに襲撃され、敵も「味方も」全員肉塊にされた
・異常素材からニヒランスまでの間にフリーマンに動くもの全てが襲われた。
・ワープポータルに入れば安全だろうと思ったら、例によってトラブル発生だった
・部屋の1/3が敵まちぶせ。しかもバーナクルが絶妙の配置というMAP構成から「パニくると危ない」
・「そんな割れ厨だらけなわけがない」といって世に出て行ったカウンターストライクが6年後、総販売数の3倍のプレイヤー数で戻ってきた
・「グルオンガンを持っていればエイリアンに負けるわけがない」と出て行った科学者がが銃と弾薬を奪われマトにされて肉塊で戻ってきた
・最近流行っているフリーマン殺害計画は「アパッチ出撃」 物理学者1人のために戦闘ヘリを3台くらい飛ばすから
・ブラックメサから半径200mはフリーマンにあう確率が150%。一度殴られてわざわざ戻ってきてとどめをさされる確率が50%の意味
・ブラックメサにおける殺人による死亡者は1日平均120人、うち約105人がフリーマンのせい。

354view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:02 (3035d)