死にたい人にお薦めの危険なFPS 『Call of Duty 4』

・米海兵隊なら大丈夫だろうと思っていたら中東のテロリストに全滅させられた
・スタート地点から徒歩1分の路上で味方NPCが武器を落として倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみるとフラググレネードが転がっていた
・赤色をしたドラム缶が銃撃され、気が付いたら爆破に巻き込まれていた
・BMPでプレイヤーに突っ込んで倒れた、というか轢いた後からプレイヤーとかを死体撃ちする
・ヘリが核爆発で撃墜され、味方も「主人公も」全員死亡した。
・家屋から次の家屋までの30mの間に銃撃を喰らって死亡した。
・放射能汚染の酷いプリピャチなら安全だろうと思ったら、完全装備の超国家主義者だらけだった。
・戦闘の1/3が屋内戦闘。しかもMeeleが最強という都市伝説から「近接戦闘ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といってヘリを墜としたマクミラン大尉が5分後足を骨折して戻ってきた
・「30分後に到着する」と手ぶらでやってきたヘリが対空兵器に妨害され着陸地点を変更した。
・最近流行っているプレイは「ナイフ縛り」 ナイフを左手に持って敵NPCに襲いかかるから
・テレビ局内部から二階までは死亡する確率が150%。一度死んでまた同じポイントで死亡する確率が50%の意味。
・難易度ベテランにおけるマイルハイクラブでの死亡回数は1プレイ平均120回、うち約20回がフラッシュバン自爆。

295view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:37:59 (3006d)