武将風雲録のガイドライン

・プレイヤー大名なら大丈夫だろうと思ったら鉄砲の流れ弾で壮絶な最期を遂げた
・ゲーム開始から一ヵ月後に朝倉宗滴が老衰で亡くなっていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると岡吉正が不運にも死亡していた
・茶器を持った武将が城主に任命され、気がついたら茶器が部下の元を一周していた
・謙信が隣国を蹂躙した、というかその月のうちに別の国も強奪する
・一向一揆に襲撃され、敵国も「同盟国も」全員襲撃された
・内政なら殺されることも無いと思ったら、叛意を持っていた部下に殺された
・一族なら安心だろうと思ったら、義龍が謀叛を起こしてきた
・武将の1/3が密議経験者。しかも義理と顔グラは一致するという都市伝説から「悪役面な奴ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出陣した家康が5分後三河侍全員に裏切られて帰ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った信玄が幻庵に突撃されて戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「鉄砲鍛冶詐欺」 鉄砲製造技術を伝授すると偽って技術を下げてくるから
・松永久秀が寝返りをする確率は150%。一度寝返りをしてまた寝返る確率が50%の意味
・風雲録における斬首による死亡者は1回平均180人、うち約120人が人数制限の都合

281view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:49 (2853d)