【前作未プレイの俺を唖然とさせたゲーム戦国無双2】

・三国上がりのプレイヤーなら大丈夫だろうと思っていたらいきなり本田忠勝に襲われた
・スタートから経過1分の手取川で秀吉が「ひょえ~援軍を~」とのたまわっていた
・ねねって孫尚香に似てると思っていたらまるっきり孫尚香だった
・ねねって孫尚香に似てると思っていたら大将の癖に無限に分身を繰り返してきた
・足元に砂埃が立っていたので視点を下にしてみると忍者が飛び出してきた
・九州征伐をプレイしたがデジャヴに襲われ、よく考えたら三国無双の南蛮並の扱いだと気付いた
・直江兼続が義とか義とか義とかうるさい、というか勝利した後から勝因を義のお陰にする
・本陣が伏兵に襲撃され、副将も「大将も」全員逃げ出すもしくは寝返った
・スタートから砦までの10mの間に忠勝に襲われた
・風魔小太郎なら安全だろうと思ったら、小太郎が天下を統一しやがった
・史上登場人物の1/1が護衛武将経験者。しかも巫女がアイテムをばら蒔くという都市伝説から「武将の女房ほど危ない」
・「信義の槍!」と言って天下統一した浅井長政が第四話の後、夢オチで戻ってきた
・「俺はもう、笑ってるぜ…」とエンディングで死んだ演出をされた雑賀孫市が実はあっさり生き残っていた
・最近俺の中で流行っているキャラは「明智光秀」 信長と和解した途端に信長を孫市に射殺されるから
・大阪城から半径200mは真田幸村にあう確率が300%。一度襲われてまた襲われてまた襲われるのが300%の意味
・戦国無双2における気合いの入りまくったエンディングで俺が爆笑する回数は一日平均20回。内17回はお市と孫市。

177view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:46 (2939d)