襲撃したい人にお薦めの危険なゲーム 太閤立志伝5

・用心棒付きの3人旅なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格とは思えない剣豪に襲われた
・小田原の町から徒歩1分の路上で足利義氏が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると足利義氏が転がっていた
・正宗を持った旅行者が襲撃され、目が覚めたら正宗が奪われていた
・忍者が家に乗り込んできた、というか乗り込んできた後から正宗とかを強奪する
・足利義氏が強盗に襲撃され、女にも「男にも」全員にボコられた
・小田原の町から小田原城までの10mの間に強盗に襲われた。
・病気になれば安全だろうと思ったら、薬を渡されて治った後に襲われた
・足利義氏の3/3が正宗強奪経験者。しかも正宗が武力を15上げるという都市伝説から「足利義氏ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った足利義氏が5分後血まみれで戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った足利義氏が6貫と200文を奪われ下着で戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「大盤振る舞い強盗」 5貫をばらまいて旅行者に殴りかかるから
・小田原から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われた後復讐しようとして返り討ちにあう確率が50%の意味
・太閤立志伝における襲撃事件による負傷者は1日平均120人、うち約120人が足利義氏。

698view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:44 (3005d)