歴史ゲー初心者にお勧め。コーエー「三国志11」

・コンシューマ上がりのゲーマーなら大丈夫だろうと思っていたら製品版なのにα版並の出来だった
・製品版発売から1ヶ月で「三国志11修正版」が発売された
・TS000001.s11というファイルを開いてみると、?小平、毛沢東、武富士(アコム)などの武将が登録されていた
・明らかなバグがあるのに発売した、というか売った後からバグを修正する
・相性(内部データ)さえよければ、忠誠低くても「忠誠99でも」で引き抜かれた
・自分の城に張り付いた敵に投石で攻撃しているのに、なぜが自分の城を攻撃→陥落していた
・コーエーのPCゲームでシリーズ物のほとんどがPK発売。しかもバグ内包な上「withPK」という商品も出ることから「ノーマル版ほど危ない」
・「クソゲーのわけがない」と思ってたのに、架空武将・糞藝爪覧(くそげーつまらん)が登録されていた
・「戦争のゲームだからそっちが面白ければいい」と敵を待ち構えたが、まったく攻めてこなかった
・コーエーに対する不満を持つ確率が150%。三国志で不満を持って信長で不満を持つ確率が50%の意味
・三国志におけるユーザよる人柱は1日平均120人、うち約120人がゲーム開始直後「次回作に期待する」。

266view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:38 (2765d)