死にたい市民にお薦めの危険なTRPGパラノイア

・ヴァイオレット8人なら大丈夫だろうと思ったらウルトラヴァイオレット20人に処刑された
・ゲーム開始1分の路上でコミーなミュータントが頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみたら死んだ
・通信・記録装置をもったCommunications and Recording Officerが不幸なアクシデントにあい、目が覚めたらクローンを一体失っていた
・レーザーで反逆の疑いがある市民を処刑した、というか処刑してから尋問とかをはじめる
・ミッション・アラートからブリーフィングまでの数分間にクローンを失った
・チームを組めば安全だろうと思ったら、チームメイトが全員反逆者だった
・トラブルシューターの3/3がZAP経験者。しかも頭数が少ないほど安全という仕様から「全員危ない」
・「信用できる仲間に背中を任せれば死なずに済む」とミッションに挑んだ市民だが信用できる仲間などいなかった
・「ルールを熟知すれば死ぬわけが無い」とルールブックを熟読した市民がクリアランス違反でZAPZAPZAP
・最も安全なポジションは最後尾、チーム全体を見渡せる上広域兵器で一掃できるから
・1ゲームで死ぬ確率が600%。一人6回まで死ねるという意味
・アルファコンプレックスにおける略式処刑による死者は1日平均120人、うち約120人がコミーな反逆者

※以下のサイトはUVクリアランスを所持するもの以外が閲覧することを禁じます
ttp://members.at.infoseek.co.jp/Paranoia_O/
ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/babahide/library/paranoia.html

227view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-05 (木) 21:40:34 (3030d)