死にたい人にお薦めの危険なレースデストラクションダービー

・真面目に走れば大丈夫だろうと思っていたら細道で10台ほど詰まっていた
・スタート直後のストレートで5台ほどクラッシュしていた
・足元がぐにゃりとしたので足下を見るとブレーキが壊れていた
・敵車にスピンされ、コースに復帰しようとしたらコースアウトして来た奴に突っ込まれた
・ノーブレーキで交差点に突っ込んでいった、というか突っ込んだ後からタイヤとかが吹っ飛ぶ
・ピット出口から第一コーナーまでの50mの間に3台にぶつけられた
・端を走れば安全だろうと思ったら、タイヤが外れてる奴が後ろから突っ込んできた
・参加者の全員がリタイヤ経験者。しかも待ちが強いという都市伝説から「止まっている奴ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったレーサーが飛翔して星になった
・「本気で走れば負ける訳がない」と先頭を走っていたレーサーが周回遅れにクラッシュされ再起不能になった
・最近流行っている走りは「逆走」 他のレーサーを道連れにするから
・ピット直後はクラッシュにあう確率が150%。一度横からぶつけられてから後ろから突っ込んでくる確率が50%の意味
・デストラクションダービーによる死亡者は1日平均120人、うち約20人が観客

241view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:25 (2761d)