死にたい人におすすめの危険な名作ファルコムゲーム、ソーサリアン

・高レベルの4人なら大丈夫だろうと思っていたら寿命で人間がどんどん死に、中途半端なエルフとドワーフだけ残った。
・ペンタヴァから徒歩1分のダンジョンで不老不死を目指した老ファイターが頭から血を流して倒れていた
・40歳を越えてから、80年代オタっぽいビキニ風の服装に着替えるファイターとウィザードに愕然とした。
・ステータスがぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体安置所の死体が消えていた
・魔法を装備したドワーフが襲撃され、気がついたら力が激減して斧が振れないインテリドワーフになっていた
・冒険者が魔法屋に突っ込んで復活を依頼した、というか失敗して灰になった後からでも代金とかを強奪する
・パーティがバジリスクに襲撃され、女も「男も」全員石化した。
・レベル4からレベル5までの数シナリオの間にゲームバランスを狂わせるMP消費0のアイテムに襲われた。
・追加シナリオのフォーエバーなら大丈夫と思ったら、グラフィックも「音楽」もが全部やっつけ仕事だった。
・プレイヤーの1/3が不老不死経験者。しかもエルフは無駄に長生きという都市伝説から「エルフほど(復活係になり)危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行ったウィザードが5分後民家のドアを腕力不足で開けられず戻ってきた
・「武器・魔法・腕力を鍛えていればやられるわけがない」と出て行ったドワーフが罠で凍って死亡した。
・石化、凍結などのステータス異常にかかった場合、死亡する確率が100%。一旦、画面を切り替え、殺してからリザレクションで復活させるから。
・不老不死なら問題ないと思っていたら、不老不死では詰まるダンジョンをつくられた。
・ドリームキャストでリメイクされたが、システム面で不便になって戻ってきた。
・最近流行っている犯罪は「泥棒」 KRM(善行)と引き替えにいくらでもお金が稼げるから。
・殺される確率が200%。一度殺されて20年後、復活してまた殺されて復活しないと不老不死になれないの意味
・レトロゲーム板におけるPCエンジン派VSアンチによる揉め事は1日平均120件、うち約3件がソーサリアン関係。
(ファルコムがPCE版は最高傑作だなんて言うから。)

162view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:22 (3027d)