カブを育てたい人にお薦めの素朴な街カルディア

・記憶喪失なので心配しながら歩いていたら同じような境遇の女の子にお風呂に誘われた
・村から徒歩1分の遺跡で色白の女性と急激に親しくなった
・懐が心許ないので畑を耕していると勝手にカブを植えられていた
・農作業中に畑で倒れ、目が覚めたら美人のナースに献身的に介護されていた
・作物届けに豪邸を訪問したらメイドさんに話しかけられた、というかその後からランチをご馳走になった
・町長の娘に訪問され、何から何まで親切にしてもらった
・図書館から診療所までの10mの間にメガネの女の子に話しかけられた。
・釣りに行けば一人になれるだろうと思ったら、ロリで年上のくの一から親しげに話しかけられた
・女性の1/1が美人。しかも若者が少ないという村の現状から「ラグナきゅん、ハァハァ」
・「そんな物欲しいわけないじゃない」といってそっぽを向いたお嬢様が5分後顔を真っ赤にしていた
・「あの子、いつもここに来てるの?」と膨れっ面をしていた雑貨屋の娘が満面の笑顔で収穫箱の中身を回収して帰った
・最近商人がオススメしてくる商品は「ダブルベッド」 二人っきりの生活をバラ色に彩ってくれるから
・村から半径200mは女性に誘われる確率が150%。一度誘われてまた誘われる確率が50%の意味
・カルディアにおける総生産量は1日平均50000G、うち約40000Gが一人の少年によるもの。

149view


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 23:38:15 (2851d)